リンク     Rss     Phone       MixNewsJapanTOPへ       オークション     shopping     ニュース

This is some default tab content, embedded directly inside this space and not via Ajax. It can be shown when no tabs are automatically selected, or associated with a certain tab, in this case, the first tab.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランダムおすすめ記事

NECが3D対応の高性能パソコンを発売!?


VN790.jpg
 NECが3D対応の高性能パソコンを発売!?

 NECは2010年5月27日、

 個人向け省スペース一体型パソコン

「VALUESTAR N」シリーズの新製品として、

 3D表示機能を搭載したモデル「VN790/BS」を
  
 商品化し、

 本年6月下旬より発売すると発表しました。

ランダムおすすめ記事


価格は、オープンプライス。

市場想定価格は、22万円前後。

3Dメガネは1つ付属されますが、別売で追加購入することができるそうです。

人間は、左右の眼で少しだけ異なる像を見ており、

この左右の視差から奥行きや立体感を得ています。

原理的には、この視差を作り出すことで、3D表示を実現できるわけです。

今回発表された「VN790/BS」は、

左眼用と右目用の画像を同一画面上に重ねて表示※し、

偏光フィルターを施した液晶画面と専用メガネを利用することで、

視聴者に左右の映像を分離して認識させ、3D映像を実現しています。

※横線1ラインごとに左右の画像を表示

DVDソフトには、2Dのタイトルが圧倒的に多いですが、

本製品では2DのDVDタイトルを3D変換表示したり、

デジタルカメラで撮影した2Dの静止画を3D変換表示して

鑑賞することができます。

また、富士フイルム株式会社の3D対応デジタルカメラ

「FinePix REAL 3D W1」を持っていれば、

撮影した3Dの静止画や動画の視聴を楽しむこともできます。

3D未対応のモデルと比べた場合、

今回の3D対応モデルは実売価格で

1.5万円から2万円ほど高くなると予測されていますが、

今後発売が予定される

3D対応ブルーレイタイトルや、個人で撮影した3Dの写真や映像、

インターネット上の3D動画の視聴に加え、

2Dの写真や映像を擬似的に3D表示して視聴することなどが可能となることを考えれば、

決して高い買い物ではないかもしれません。


ソースロケットニュース24

ついにパソコンも3D時代に突入!
おすすめサイト(1日分)
携帯サイト
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。